本文のエピソードをイラストで表すと・・・
横木家の愛情でよく食べ、すくすく育ったミニウサギのうさ子は・
大きくなりすぎて隠れることが出来なくなり、遂に初舞台を踏むことなく、横木家の親元でのんびりと暮らしたとさ・・むしゃむしゃ・
横木ジョージ『今日は仲良く留守番してるんだよ』
『ハーイ』
(帰ってきたら・・・・)、
こんなに・・??
(仲良くなりすぎや〜!)


戻る 右のページも見てみる
トップ 新聞雑誌掲載 マンスリーよしもと掲 左のページ
今、注目の芸人さんとともに彼らの思い出の土地を巡る旅のページ
マジック界の総理大臣の歴史みたいな・・・芸歴18年のベテランマジシャン、横木ジョージ。スピーディで雅やかなステージで観客を魅了し続け、特に剣刺しなどの大ネタやシルクハットを使ったマジックでは追随を許さない。門下生、生徒は100人を超えるという、まさに”マジック界の総理大臣”。そんな横木さん、ある日突然まったく別の場所からスポットライトが当てられた。「小泉総理にソックリ!」なのだ。
横木「皆がそんなに言うならと20万円もかけて白髪のカツラを買ったんです。かぶってみたら、自分でもビックリするほどでしたわ」。
 大御所マジシャンですら予想だにしなかったイリュージョン。以来、米がどんどん増えてゆく「米百俵マジック」や「痛みを伴わないギロチン」など『国会マジック』がレパートリーに加わった。ストイックに本格派マジック一筋だった横木さんにとって、これは構造改革!
 これを機にマジカルな赤じゅうたん半生をを顧みてみよう。横木さんは滋賀県出身。のどかな町に住む普通の少年だった。
横木「10歳の時、両親に京都の大丸に連れて行ってもらったんです。大丸のなかに、手品の実演販売コーナーがあって、それを見た時、『これだ!』と」
 芸人になりたいと考えるきっかけの多くは、テレビや舞台からの影響だ。ところが横木さんが芸に目覚めたのは「実演販売」だった。
横木「以来、手品が大好きになってしまって、滋賀県から京都大丸まで、当時の江若鉄道で2時間かけて通いました。開店する前から並んで、夕方までずーっと手品用具売り場にへばりついてました。そのくせ、あんまり買わないんですけど(笑)。憶えた手品を学校のお楽しみ会で披露するでしょ。するとその日だけはスターですわ。平凡な子供でしたから、拍手されることが嬉しかった。それもあって、より手品に夢中になりました」
 こづかいを貯めてせっせと手品用品を買い、触りたおして完全マスター。当然マジックを見る目も肥えはじめる。往時のスーパースター、初代・引田天功『決死の大脱出』を観ても、まわりが恐怖におびえるなか横木少年だけは「これ、なんぼかかってるんかな?」と思っていたという。高校時代もバイトをしてまで手品用品を買う日々。これにはついに両親も怒った。
横木「勉強もせんとオモチャで遊んで何してる!言うてね。親にしたらオモチャにしか見えない。だからリングのマジックなんか、親にばれんよう音を立てずにやる訓練してました。だからよけいに上達しました(笑)」
 高校を出た横木青年、いつかマジシャンにという夢を抱きつつ、銀行に就職。
横木「接待でマジックはおおいにおおいに喜ばれました。プロを呼んだら金がかかるけど、僕やったらタダやから(笑)。ただ、マジックもやらないかん、仕事もおろそかにでけん。両立に悩みまして。結婚して子供もいましたから不安やったけど、家族の理解もあって、30歳の時に脱サラしてプロになりました」
30歳で芸の道に入るとは。痛みを伴うすごい覚悟。感動した!
 その後「マジックで使うハトが猫に食われた」「タネに使うミニうさぎを買ってきたら巨大化した」「タネに使うハムスターが恐ろしい速度で増殖」などなど苦労の末、遂にマジック界にその人ありな存在に(動物はそのつど田舎に持ってかえるそう。実家は動物園状態・・・)。
 マジックの星、そして脱サラの星。残念ながら小泉内閣の支持率は下がっているが、横木ジョージの支持率は上がりっぱなしなのである。
6総理(似)、ハリセンマジックできますか? 7スイマーの総理(似)も見たいです イベント情報
チャンバラトリオ・山根師匠の見せ「はり扇」 駆け足の総理?総理似の横木ジョージ 『国会マジックショー小泉首相似がワッハにやってきた!!
〜門下生のマジックショーとマジック教室もありますヨ〜』

8月24日(土)ワッハ上方演芸ホール
開場/17:30 開演/18:00
前売り/2800円 当日3000円
  (前売り当日ともに教材込み)
出演者/横木ジョージ、レミ&エリ 門下生一同
ゲスト/ショウショウ、海原やすよ ともこ
お問い合わせ/吉本興業06-6643-1123
チケットぴあ06-6363-9999
ワッハ上方演芸ホール窓口 06-6631-0884
チャンバラトリオのリーダー、山根師匠が経営されているのがこの割烹『はり扇』。
この日は時間が早かったのでまだ開店してませんでしたが、山根師匠自らお相手もしてくれるそうです。
7月20日にオープンしたばかりの西京極総合運動公園内の京都アクアリーナ。これがめちゃめちゃキレイででかい!ジョージさんもここで体を鍛えようと宣言!?同じく西京極総合運動公園の周囲を散歩するのが好きだという総理(似)。ちなみに競技場はパープルサンガのホーム。
戻る 右のページも見てみる